無料ブログはココログ

御用菓子処 田町梅月

« 2015年4月 | トップページ

2015年5月

2015年5月10日 (日)

学会に出店

初夏の爽やかな日が続きます、と思ったら今日はちょっとしたお湿りがありました。
これから勢いを増そうとしている新緑には正に恵みの雨となったのではないでしょうか。

昨日(5月8日)今日(9日)は、浜松市土産品協会の事業の一環として、アクトシティのコングレスセンターで行われた「日本老年泌尿器科学会」の受付に設けられた物産コーナーに出店してきました。

P5080022_r

昨日は色々な予定が重なる「特異日」のような一日で、この物産コーナー、SBS学苑様の和菓子講座、沼津での会合出席、2件のお盆展示会の準備とあり、家族や社員さんにも協力してもらって何とかこなしました。

さあ、準備が整いました。
ようこそ、いらっしゃいませ!

P5080021_r

と言いたいところですが、学会は2日間の予定で、1日目は買い物はせずに、2日目の予定が終わってお帰りになる段になってお土産を求められます。
なので1日目は寂しい売り上げになってしまいましたが、2日間通してまあ、まずまずの結果に終わったので良しとしておきましょう。

学会参加者の皆さんのネームプレートを見ると、沖縄から東北まで(きっと北海道の方もいらしていたのでしょうが、私の目にははいりませんでした)全国各地からおいでになられていることがわかります。

すると、生来の図々しさが頭をもたげて、自称、浜松の観光ガイド兼、グルメガイド兼、文化産業ガイドを気取り始めます。

しかし、これは決して悪いことではないと思っています。
むしろ、市民全員がそういう気持ちで域外からのお客様のおもてなしができれば、浜松の評価は上がることでしょう。
そういった評価が地域間競争を勝ち抜く決定打になると思います。
なにしろ、地域間競争の勝者に与えられる経済効果は大変大きなものとなりますから。

このような小さな行為が、と笑われるかもしれませんが、私は仕事を通して域外からお越しの方が浜松を楽しんでもらえるように心がけています。

「あれやこれ 云いつくせずに 陽は暮れて」

2015年5月 5日 (火)

浜松まつり会館前出店 3日目

今日は端午の節句、子供の日です。

昨日の雲が残って肌寒い朝でしたが、陽が高くなるにつれて気温も上がり、お昼前には爽やかな風の吹く暖かい日中となりました。

P5050030_r

浜松まつり会館前「風紋広場」での出店も最終日となりました。
浜松まつりも最終日とあって、午前中から大勢の人出でにぎわいました。

P5050039_r

凧場へ向かう各町の子供連の行進です。
子供たちの顔はこれから始まる楽しい一日を思ってか、皆朗らかに見えます。

P5050004_r

青い空にはたくさんの凧が舞っています。
最終日の今日は「糸切り合戦」の日なので、凧場はさぞ盛り上がったことでしょう。

P5050037_r

今年は街中の御殿屋台の引き廻しと激練りを見ることはできませんでしたが、今夜の街中は大いに賑わったことでしょう。

同時出店のはままつフラワーパークも大勢の人出で賑やかだったそうです。

ラッパの音が鳴りやむと、連休も終わりです。

「仰ぎ見る 視線の先の 五月晴れ」

浜松まつり会館前出店 2日目

3連休の内、一日は雨が降るというジンクスがあります。
案の定、今日は降ったり止んだりの小寒い一日でした。

公園の一角にある津波避難の築山、通称「命山」に上って写真を撮りました。
空は一面雨雲で覆われています。

P5040098_r

風は西寄りで弱く、雨ということもあり、ほとんど凧は上がっていませんでした。
一部の町では朝から凧上げを中止にするところもあり、明日(5月5日)は晴れるという天気予報なので、凧場(=たこば)に来た町も無理はしなかったのだと思います。

P5040097_r

まあ、予想はしていましたが、そうなると来場者は激減します。
浜松まつり会館前を通る町会の人たちも観光客も朝の内はまばらでした。
昼前に雨が止んだので少しは賑わいましたが、結局降ったり止んだりで、足早に帰っていく方がほとんどでした。

P5040082_r

売り上げは、まあ、推して知るべし、です…

ちょっと寂しい2日目でした。

「雨雲を 見上げた先に 凧はなし」

2015年5月 4日 (月)

浜松まつり会館前出店 1日目

今日は憲法記念日。
護憲、改憲、賛否両論。
全国で憲法を考える集会があったそうです。
戦後の日本を築き上げた現行の憲法を考える機会にはなったのではないでしょうか。

などと堅苦しいお話は置いておいて。
今日は良く晴れて、夏を思わせる暑い一日でした。

今日から3日間、梅月は中田島にある「浜松まつり会館」の前にある広場と、舘山寺にある「はままつフラワーパーク」の2か所で出店することになりました。

はままつフラワーパークは妹と娘に任せて、私とスタッフは浜松市土産品協会のメンバーとして、浜松まつり会館前に行きました。

P5030054_r

P5030065_r

梅月は例年通り、凧せんべいの喜楽堂様と浜納豆のヤマヤ醤油様と一緒です。
ここでは毎回同じ組み合わせなので、とても気安く、お互いフォローしあったりして楽しく過ごすことができます。

P5030056_r

他にも、うなぎパイの春華堂様や、小豆餅のあおい様、注染手ぬぐいのB.I通商様他、土産品協会のメンバー16社が出店しました。

P5030066_r

P5030067_r

P5030071_r

今日(5月3日)は良い天気だった上に、明日(5月4日)の天気が芳しくないからでしょうか、今年の人出は多いように思いました。

あまり大きな声では言えませんが、午前中はお店をスタッフに任せて(押し付けて、とも言いますが…)、美味しいものを飲んだり食べたりブラブラしたりしていました。
本当に気持ちの良い時間を過ごすことができました。

午後、恒例の投げ餅がありました。
今年も康友市長が協力くださり、盛大に投げ餅が行われました。

P5030075_r

P5030076_r

ステージではカラオケや太鼓、フラダンス、笑いヨガなど、来場者を楽しませる催しが色々と行われます。

天気は危ぶまれますが、明後日(5月5日)までの3日間、楽しく出店しています。
浜松まつり会館前、もしくは中田島の凧場にお越しの際は是非、お立ち寄りください。

「天高く 凧舞い上がれ 五月晴れ」

2015年5月 2日 (土)

紫雲

「夏も近づく八十八夜」

晴れの日が続きます。
今日5月2日は八十八夜です。
今日から連休の後半が始まり、静岡県では各地で新茶祭りが催されました。

昨日、袋井市まで納品に出かけたので、その帰り道、磐田市豊田の「熊野(=ゆや)の長藤」を見てきました。

P5010012_r

P5010042_r

1メートル近くまで長くなる房で有名な「熊野の長藤」ですが、年々短くなってきているのが気になります。
昨年は随分回復したように見えましたが、今年はまた一歩後退した感がありました。

P5010026_r

それでもやはり見事な藤ですね。
芳香漂う紫色の雲の中を歩いているようでした。

連休前の平日でしたが人出は多く、中には近所の幼稚園の遠足でしょうか、小さな子供たちが藤棚の下でお弁当を広げていました。
満開の藤の花の下でお弁当なんて、都会では絶対に体験できない豊かさだと思います。

P5010028_r

藤色の花はもちろん綺麗なのですが、一部に白藤の白い花があり、空の青い色に映えて一段と美しさを増していました。

P5010036_r

藤が散ると、季節は夏です。

「藤色の 光眩しき 児らの声」

« 2015年4月 | トップページ