無料ブログはココログ

御用菓子処 田町梅月

« 夏は間近に 1 | トップページ | 家康楽市2015春の陣 1日目 »

2015年4月24日 (金)

夏は間近に 2

初夏に向けて咲く花は、どこか清々しさを感じます。

浜松市立高校の生垣に白い花が咲いています。
なんという名前かは知りませんが、「宗徧花」と教わりました。

P4210005_r

続いて「白山吹」のお花。
山吹はその名の通り黄色い花ですが、白い山吹はどこか儚さを感じる繊細なお花です。

P4220050_r

前に紹介した「花水木」の白い花が青空に輝いて見えました。

P4210010_r

こちらは黄色い木香花(=もっこうばな)です。
蔓性の植物で、家の外壁やお庭のアーチで見かけます。

P4210023_r

「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は 百合の花」などと美人を例える都都逸ではありませんが、芍薬の花は本当に華やかなお花です。

P4210015_r

ネットの地域ニュースで、大塚町にある浜松市緑化推進センターで「花筏」が咲いたことを知りました。
桜の花が散って川や池に浮いている様を花筏と言いますが、これは葉の真ん中に小さな花を咲かせる花筏という植物です。
茶花でもほとんど目にしない珍しいお花なので是非にと思っていたら、ちょうど市場へ納品に行く機会があり、その帰り道に緑化推進センターに寄りました。
よもやと思い事務所で場所を尋ねたら、案の定、分かりにくいところにひっそりと咲いていました。
ご興味のおありの方はこの機会に是非、ご覧になってください。
本当に不思議はお花ですよ。

P4210028_r

まったくの余談ですが、今回ご紹介した「立てば芍薬 云々・・・」の都都逸ですが、育ちの悪い(?)私は別の文言で覚えていました。

「立てばパチンコ 座れば麻雀 歩く姿は 馬券買い」

いやはや、お粗末でした…(*_*;

「青葉射す 風の便りに 夏まぢか」

« 夏は間近に 1 | トップページ | 家康楽市2015春の陣 1日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1999371/59752198

この記事へのトラックバック一覧です: 夏は間近に 2:

« 夏は間近に 1 | トップページ | 家康楽市2015春の陣 1日目 »