無料ブログはココログ

御用菓子処 田町梅月

« 少し前の浜松城公園のお花 | トップページ | 沼津和菓子シンポジウム »

2015年3月27日 (金)

お茶の先生のお庭

先日お茶の先生のお宅にお稽古用のお菓子をお届けに上がりました。

玄関脇に可愛らしいお庭があって、さすがお茶の先生らしく、いくつかの茶花(=ちゃばな=茶席の床の間に生けるお花)が植わっていて、季節がらお花が咲いていたので先生から名前を教わりました。

先ずは椿の仲間の「ボクハン}です。
椿によく似ていますが、よく見るとシベの部分が白く、椿のそれとは明らかに違います。

P3190029_r

これは「ホウチャクソウ」、別名「編み笠百合」というお花です。
表は白いのですが、内側に網目のような模様が見てとれます。

P3190030_r

「クリスマスローズ」。
洋花(=ようばな)ですが、これも茶花として使われます。

P3190031_r

この黄色いお花は「リュウモンカ」。
少し前に上がった雨粒が、一層お花の色を引き立たせています。

P3190032_r

「シラユキゲシ」。
もう盛りは過ぎていますが、シベの橙色が印象的です。

P3190033_r

そして道端の「チューリップ」と名も知らぬ小さなお花。

P3210003_r

P3210005_r


ところで、チューリップの和名をご存知ですか?
私も知りませんでしたが、調べてみると「鬱金香(=うこんこう、うっこんこう)」、あるいは「ぼたんゆり」と言うそうです。
その種類は驚くなかれ、約8000種もあるそうです。

春はまるで週替わりのように、次々とお花が咲き始めます。

「花よ花 春爛漫に 咲けや咲け」

« 少し前の浜松城公園のお花 | トップページ | 沼津和菓子シンポジウム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1999371/59418694

この記事へのトラックバック一覧です: お茶の先生のお庭:

« 少し前の浜松城公園のお花 | トップページ | 沼津和菓子シンポジウム »