無料ブログはココログ

御用菓子処 田町梅月

« 早春の花々 2 | トップページ | あまり見かけません »

2015年3月21日 (土)

卒業式

お彼岸に入り、久しぶりの大雨でした。

雨を嫌う方もいましょうが、春の雨は恵みの雨です。
草木や花、野菜や果物にとっては大切な大切な雨です。
肩が少々濡れても、まあ、大目に見ましょう。

今年も可美市民センターの早咲きの桜が咲き始めました。

P3140011_r_2


この桜は昭和天皇皇后陛下お手植えの由緒ある桜の木です。
ということは、梅月の「御用銘菓 布橋の雪」とも、あながち無関係とは言えません。
「布橋の雪」も昭和天皇陛下のお茶菓子としてお創りしたお菓子ですから。
きっと、50数年前の静岡国体の時の行幸でお立ち寄りになられたのでしょう。

P3140010_r

さて、3月は巣立ちの月です。

先日、何かとご縁のある浜松調理菓子専門学校様の卒業証書授与式にお招きいただきました。
と言っても私個人ではなく、静岡県菓子工業組合の副理事としての肩書で、静岡在住の理事長の代理としてでしたが。

P3160001_r

専門学校ですのであまり大規模ではありませんでしたが、厳かな雰囲気の卒業式でした。
卒業証書、専門士称号、免許証、校内表彰、外郭団体表彰、技術表彰と続き、私は外郭団体としてお二方の優秀な卒業生に表彰状をお渡しする栄誉にあずかりました。

P3160003_r

校長式辞、来賓祝辞、電報披露、送辞、そして感動的な答辞と式はつつがなく進みました。

ところで、ちょっと面白いことに気が付きました。
男性は皆スーツで、女性はほとんどが袴姿なのですが、2~3人、袴に草履ではなく黒の革靴の方がいました。
大正時代のハイカラさんを模したのでしょか、それとも流行りなのでしょうか。
袴と革靴という微妙な違和感がファッショナブルに見えました。

ともあれ、これから社会に飛び立つ若者に、心からエールを送ります。

「振袖の 腋に証書の 桜かな」

« 早春の花々 2 | トップページ | あまり見かけません »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1999371/59341474

この記事へのトラックバック一覧です: 卒業式:

« 早春の花々 2 | トップページ | あまり見かけません »