無料ブログはココログ

御用菓子処 田町梅月

« 2月の梅月みせゼミ 篠原編 | トップページ | ケーブルテレビの取材 »

2015年2月27日 (金)

2月の梅月みせゼミ 湖西編

雨が降りました。
春の雨は冷たくなく、正真正銘の恵みの雨です。

今日は梅月湖西店でみせゼミを開催しました。
講座が始まるまで緊張をほぐすために店の裏で休んでいたら、件(=くだん)の梅ノ木に二羽の目白がやってきて花の蜜を吸っていました。
雨粒は彼の羽根に弾かれて、キラキラと滴っていました。

さて、講座です。
足元の悪い中、6名様に受講いただきました。
うち1名様は2度目の方、しかもお友達をお二方も連れてきてくださいました。
その方はには昨日の篠原店での受講者2名様もご紹介いただきました。
何故、湖西店ではなく篠原店での受講になったかというと、おかげさまで湖西店がすぐに定員になってしまったので篠原店をご案内させていただいたからです。

梅月みせゼミも回を重ねるとリピーターの方が何名様かおられるようになります。
和菓子つくり体験の菓子は毎回変えていますが、私の話は大して変わり映えがしません。
その都度、何をお話ししようか考えてしまいますが、兎にも角にも、ありがたいことです。

P2260002_rs

別のお二方は、浜松まちゼミが定員で今日の講座に申し込まれたそうです。
講座が始まる前に少しお話しさせていただいたのですが、生菓子のケースの上に展示してある「出世大名家康くん」の煉り切りをご覧になって、「これが作りたい。」とおっしゃったので、「それは…無理です。お客様にも作れませんが、私にも作れません。講座が終わればお解りになりますよ。」とお茶を濁しておきました。

今日の和菓子体験も煉り切りを巾着で仕上げる「下萌」です。
講座が終わった後、お二人に尋ねると、「私たちには家康くんはできないことがよく解りました。」とおっしゃっていました。
巾着ひとつとっても和菓子作りは奥の深いものです。

恒例の記念写真です。
今回も全員笑顔で帰られました。

P2260020_rs

「春雨の 雫滴る 目白かな」

« 2月の梅月みせゼミ 篠原編 | トップページ | ケーブルテレビの取材 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1999371/59075104

この記事へのトラックバック一覧です: 2月の梅月みせゼミ 湖西編:

« 2月の梅月みせゼミ 篠原編 | トップページ | ケーブルテレビの取材 »