無料ブログはココログ

御用菓子処 田町梅月

« 絵画教室で和菓子講座 | トップページ | 駿府城公園散策 1 »

2015年1月19日 (月)

茶歌舞伎

タイトルの「茶歌舞伎(=ちゃかぶき)」をご存知ですか?

茶歌舞伎とは、元々数種類のお茶を聴き分ける闘茶(=とうちゃ)という遊びだったものが、博打の要素が含まれるにつれ廃れたものを、歌舞伎者(=かぶきもの=傾き者)達によって愛好され続けたものです。
歌舞伎者とは、数寄者(=すきしゃ=茶道や和歌を愛好する人)の中でも、より数寄に傾いた人の事を言います。

今日の午後、浜松市茶商組合様の主催する茶歌舞伎に参加しました。

会場はアクトシティー研修センターの広い会議室で、歌舞伎者の好んだ粋な遊びというよりは競技会のような雰囲気でした。

P1180014_rs

参加者は4つのグループに分かれ、5種類のお茶を各グループで順番を違えて淹れて飲み比べ、どのお茶かを当てます。
これを2回戦行い、正解数の多い人が優勝となります。
お茶は毎日飲いても、5種類も飲み比べることはまずありません。

急須に淹れたお茶を各参加者の茶碗に注いで回ります。
水色(=すいしょく)や香り、味が違うことは分かっても、種類となるとなかなか分かるものではありません。

P1180017_rs

P1180018_rs

会場の外の廊下には浜松市でも名だたる生産者のお茶が展示されていました。

P1180016_rs

集計の間の休憩時間には、お抹茶やほうじ茶など様々なお茶を楽しめます。

昨年も参加したのですが、仕事の都合で会場に着いたのが表彰式の最中でした。
今年も、和菓子講座の都合で1時間遅れで会場に入りました。
それでも第2回戦には間に合ったので、お茶の飲み分けを楽しみました。
ちなみに、5種類の内正解したのは一つでした(^-^;

茶歌舞伎、何ともお茶処静岡らしい催し物です。

「茶歌舞伎の どれも美味しく 比べまじ」

« 絵画教室で和菓子講座 | トップページ | 駿府城公園散策 1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1999371/58628262

この記事へのトラックバック一覧です: 茶歌舞伎:

« 絵画教室で和菓子講座 | トップページ | 駿府城公園散策 1 »