無料ブログはココログ

御用菓子処 田町梅月

« 第4回遠食の市 | トップページ | 地元テレビの取材 »

2014年12月 4日 (木)

はやぶさ2

冷たい雨の降る一日でした。

昨日、種子島から国産ロケットH2Aによって、小惑星探査機はやぶさ2が飛び立ちました。

110513d7s

目指すは直線距離で3億km離れた炭素型小惑星1999JU3。
帰還まで実に6年、52億kmの旅です。

開発担当者が言ったそうです、「もう、ドラマはいらない」。
東京オリンピックの年、無事帰還して驚くような成果を挙げることを期待します。

下世話なことを書きますと、はやぶさ2に148億円、H2Aロケットに100億円、打ち上げ後の運営に16億円、合計なんと264億円!

きっと、賛否両論あることでしょう。
264億円あれば、何人の命が救えるかとか、貧困問題に役立てるべきとか…
確かに正論です。
しかし、正論を超えたところに科学の意義があると思います。

などと、子供のようなロマンを語ってしまいました(^-^;

「漆黒に ただ一つ往く 銀の羽」

« 第4回遠食の市 | トップページ | 地元テレビの取材 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1999371/58177181

この記事へのトラックバック一覧です: はやぶさ2:

« 第4回遠食の市 | トップページ | 地元テレビの取材 »