無料ブログはココログ

御用菓子処 田町梅月

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

大晦日

2014年、平成26年午年も後2時間足らずで終わります。

このブログをご覧になっている方々へは、感謝の言葉しかありません。
よくぞ、このような何の変哲もないブログにお付き合いいただきました。
敢えてお願いします。
来年も引き続きお付き合いください。

今年もあちこち走り回りました。
そして多くの方と出会いました。

報道番組では今年の10大ニュースを振り返ったりします。
私にとって今年の10大(重大)な出来事は、近しい者の不幸、それ一つだけです。

さて、今日も朝から相変わらず納品に追われました。
その一つに、街中の五社神社様がありました。
もう長い間お取引いただき、今では年に数回、オリジナルの月餅のご注文をいただきます。

大晦日の今日、年を跨ぐ時間にはそれこそ大勢の初詣の人出で芋洗いのようになるのでしょうが、朝は、参拝客もほとんどおらずひっそりとしており、神職や巫女が静かに掃除をしたり、来るべき芋洗いの準備をしています。

Pc310005_rs

お菓子屋に正月はありません。
よく話のネタで使うのですが、年内は31日まで仕事、年始は1日から仕事です。

毎年、大晦日から元日にかけて思うことがあります。

「いつもと変わらないただの一日なんだけどな…」

そう、暦も習慣も、宗教も全て人が創りだしたもの。
いつだって、陽は東から上り、西へと沈みます。
今日という一日は、永遠に続く時間の流れの一瞬にしか過ぎません。

もちろん、屁理屈なのは承知しています。
そう思いながらも、元日はやはり一つの区切りとして意識はします。

来年は2015年、平成27年、未年。
全てにとって良い年であることを願います。

「大晦日 一晩経てば 陽は昇る」

2014年12月30日 (火)

陽だまり

年末も押し迫りました。
今年も残すところ後2日。

納品、配達、営業、打合せ、会合と毎日同じような日々が続き、それは年末も例外ではありません。
ただ、営業車のラジオから聞こえる番組はいつもとは違う構成で、年末であることを意識させます。

先日、6度目の寒波の後の穏やかな日、ある庭先の陽だまりで蝋梅の蕾が開き始めているのを見つけました。

Pc270009_rs

まだ芳香は放っていませんが、その淡く黄色い透き通った花弁が開きかけているさまは、本当に愛おしく感じられました。

このブログでは季節の花々を紹介していますが、この蝋梅は私が最も好きな花です。

生命力をあまり感じられない無機質にも見える細い枝から、およそ不釣り合いな程美しい花が、それこそ枝いっぱいに、木そのものを包み込まんばかりに咲き誇ります。
だから私は野に咲く花よりも、木に咲く花の方が好きです。

中でも蝋梅は、他に花など咲いていないような寒さの一番厳しい真冬に、決して派手ではない透き通るような淡い黄色の小さな花を、ひっそりと咲かせます。
そしてその小さな花からは、驚くような芳香を放ち、殺風景な冬の中に一瞬、春を思わせる空間を作ります。

見た目の華やかさや香りの強さ、散り際の潔さなどなく、あまり人の目にも止まらないような地味な花ではありますが、そこに無私、無心、使命、覚悟、惑わされない凛とした強さを感じ、他のどの花よりも魅力的で、心を惹かれます。

近くの公園では染井吉野の蕾が、凍えながら春を待っていました。

Pc270010_rs

なにかと気ぜわしい年末だからこそ、せめて花を愛でる気持ちの余裕を持ちたいものです。

「蝋梅の 花に諭され 手を摩る」

2014年12月26日 (金)

出世街道!

今日はクリスマスでした。
このブログをご覧になっている方は、どのようなクリスマスイブの夜を過ごされたのでしょうか。

今朝、街中へ配達に行きました。
お届を済ませてクルマに乗ろうとしたら、おやっ?

「出世街道」

Pc240002_rs

場所は街中の池町周辺なのですが、あちこちの街灯の柱に「出世街道」の金ぴかのステッカーが貼ってあるではないですか。
池町の周辺は旧浜松城のお堀端に当たり、今でも路地に「野づら積み」の石垣が残っています。
浜松市も、来年の徳川家康公顕彰400年に向けて目に見える形で動き出したのでしょう。

当に、梅月の「黒びすけ 出世街道」ではありませんか!

_1

「黒びすけ 出世街道」は、静岡県産(掛川市近辺)の小麦粉を使い、サクサクホロホロに焼き上げ、黒糖をかけてきな粉をまぶした、老若男女、どなたにも好まれる味と食感に仕上げました。

10月の発売以来おかげさまで、東は山梨県から西は愛知県までお取扱いいただき、大変好評を得ています。
年末年始の帰省土産やお年始、ご家族団欒のお茶うけに「黒びすけ 出世街道」を是非ご賞味ください。

などと、今回は完全なコマーシャルになってしまいました(^-^;

「古きより 今にいたるも 出世道」

2014年12月23日 (火)

冬至

寒い日が続きます。
北海道から東北、新潟と大変な風と雪で被害も出ています。

今日は一年中で昼が一番短く、夜が一番長い冬至です。
しかも19年ぶりの特別な冬至でした。
冬至の今日から陽が段々と長くなります、そして今日は新月、やはり今日から月が段々と満ちてきます。
つまり、太陽と月が同時に復活する日が今年の冬至でした。

今日は南瓜を食べ、柚子湯に入りました。

そうそう、先日ある一枚の写真が公開されました。
最新鋭の地球観測衛星ひまわり8号が撮った、世界初の地球全体のカラー写真です。

Trc_m_rs

ほぼリアルタイムで地球全体の姿を観ることができるなんて、驚きを通り越して感動的でさえあります。

などと大きな話の後は、身近の小さな話。

今日、雄踏町にある老舗のお茶屋さん、宇布乃園茶舗様のお茶子さんこと松本さん母娘と姪御さんがみえました。
中学生の娘さんが総合学習のテーマに和菓子を選び、参考として私に話を聞きにきてくれたのです。
さすがはお茶屋さんの娘さんと姪御さんで、どちらも和菓子が大好きだそうです。

お茶も和菓子同様、時代の流れの中で変わりゆく日本の伝統食品の一つです。
松本さんとは、以前はまぞうブロガーの集まりで一緒にお茶講座と和菓子講座をさせてもらいました。
もちろん梅月のスタッフ、うめつきともブログ友達です。

梅月の銘菓の名前の由来や和菓子の話をしました。
娘さんも姪御さんも熱心に聞き入ってくれていました。

お話が終わり、店頭で記念写真です。

Pc220002_rs

子供さんたちに和菓子の話ができるなんて、冬至の午後の楽しいひと時でした。

「風痛し されど今日より 陽は伸びる」

2014年12月19日 (金)

あらたま協働センター生きがい教室

何度言っても言い足りないくらい寒いですね…(+_+)

名古屋の積雪には驚きましたが、今朝、浜松の南部(梅月があるのは西区の海沿いです)でも初氷が張りました。

Pc180033_rs

かと思えば、昼前にはすっかり晴れ上がって、綺麗な青空となりました。
何とも激しい気象です。

今日は浜北区のあらたま協働センター様で生きがい教室と銘打って、和菓子講座がありました。
受講者は近隣のご年配の女性(男性がお一人)40名様。

Pc180039_rs

あらたま協働センター様での和菓子講座はこれで4回目となります。
お話は資料から外れて、食文化や栄養のお話を中心にしました。

特に私が最近の講座で強調しているのが、甘いもの(お菓子)を悪者扱いする風潮に対する私の考え方です。
「これを食べたら太っちゃうわ」と言いながらその口で食べている。
一方でお菓子(スイーツなどと言われますが)が話題になりながら、一方で非難(妄想も含めたダイエットの敵として)している。
否、非難という言い訳をしながら甘いものを求めてやまないのかもしれません。

私はこう思います。
甘いものが食べられるのは2つの奇跡が重なった時だと。
紛争のない平和な社会と、健康な体。
言い訳せずに、甘いものを食べられる幸せに感謝して、心ゆくまで甘いものを楽しんでほしいと思います。

おっと、話をあらたま協働センター様の生きがい教室にもどしましょう(^-^;

今日の受講者の皆さんは大変ノリが良くて、多少の冗談や悪たれにも動じず、笑いで返してくださるので、むしろ私の方が楽しくお話をすることができました。

Pc180044_rs

和菓子作り体験では、クリスマスにちなんで煉り切りで「サンタブーツ」を作りました。

20141126248or02

煉り切りで包餡して丸めるまでは良いのですが、ブーツの形に成形することが難しかったようで、スリッポンや木靴、果てはサンダルのようなサンタブーツができてしまいました。

Pc180048_rs

それでも皆さん、楽しそうに煉り切りをコネコネされていました。

Pc180049_rs

確かに楽しかったのですが、大勢さんということもありちょっと疲れた、今年最後の和菓子講座でした。

「回り道 してまで踏みし 初氷」

2014年12月18日 (木)

12月の梅月みせゼミ 篠原編

まあまあ、風の強いこと強いこと!
そして、寒いこと寒いこと!

予想されていたとはいえ、台風並みに発達した低気圧によって、北海道や北陸を中心に全国各地で風雪や高潮の被害が出ています。
静岡では雪が降ったらしいですが、ここ浜松では真っ直ぐに歩けないほど風は強かったものの、雪はなかったのでまだましな方でしょうか。
明日もまだ気圧配置はあまり変わらないので、気を付けなくてはなりません。

春のことなどまだ想像もつかないような冷たい荒天ですが、ほら、木蓮の蕾はすでに産毛に包まれて春を待っています。

Pc150003_rs

今日は篠原店で10名様のご参加をいただき、梅月みせゼミが開催されました。
内5名様は嬉しいことに子供さんです。
さらにその内3名様は2度目の受講となりました。

今日も食品表示のお話からか始めて、饅頭や羊羹の由来、団子の数など、身近な和菓子の薀蓄話、小豆の栄養、砂糖のことなど、子供さんを意識してお話を進めました。

Pc170019_rs

和菓子作り体験の時間です。
今日もきんとんのクリスマスツリーを作ってもらうので、先ずは篩(=ふるい)の濾し方から説明をしました。
「力を入れ過ぎないように、掌の下の方で押すように」

Pc170024_rs

そぼろ状になったきんとんを箸を使って餡につけるのですが、皆さん手がギクシャクしています。
ちょっと心配していた子供さんたちは付き添いのお母さんに手助けしてもらいながら上手に箸を使っていました。
子供さんの真剣な目って、素敵ですよね。

Pc170028_rs

Pc170029_rs

子供さんの「超楽しかった」という一言が、何より嬉しかったです。

Pc170032_rs

「星一つ つけて輝く 小さな目」

2014年12月17日 (水)

12月の梅月みせゼミ 湖西編

寒いですね、風が強いですね(+_+)
低気圧が急速に発達しながら北東へ移動しているようです。

気象予報士の方が、「見たことがない」「危険な低気圧」「歴史に残る天気図」「雪の降る台風」などと最大限の警告を発しています。
SF映画を観ているような恐怖感を覚えます。

B49n_4lcmaa1u_x

さて、そんな荒天となってしまいましたが、今日明日と今年最後の「梅月みせゼミ」が開催されます。
今日は湖西店、4組様のご参加をいただきました。

いつものように資料に則ったお話ではなく、初めに食品表示の法律についてお話をしました。
毎日口にする食料品ですが、その表示について、特に加工食品についてはお客様(役所言葉では消費者)が十分な理解をされているとは言い難いのが現状です。

Pc160004_rs

それでも一通り歴史や文化、栄養のお話をして、お楽しみの和菓子作り体験です。
今回は大勢さんではないので、きんとんでクリスマスツリーを作ってもらいました。

Pc160011_rs

寒天を混ぜた餡を篩(=ふるい)で濾してそぼろ状にして、箸を使って核になるこし餡につけていきます。
普通のきんとんと違い、クリスマスツリーですから丸くせずに先を少し細くします。

丸くするのでさえ難儀するきんとんです。
先を少し細くしながら形を整えるのはやはり難しかったようです。
何はともあれ、雪に見立てた氷餅を振り、羊羹でできたベツレヘムの星を飾って完成です。

20121123241or02

自慢の作品を手に記念写真です。

Pc160015_rs

「風唸り 雨打ち付ける 冬嵐」 

2014年12月15日 (月)

鳥の声

寒いこと寒いこと…、また寒波がやってきました。

選挙が終わりました。
大方の予想通りの結果となりました。
一方、投票率は戦後最低の52%ほどだったようです。
約半数の国民が「権利」を放棄するという「選択」をしたわけです。
その重大さを思い知る時が来なければよいのですが…

さて昨日の朝、車からけたたましく鳴く「ウグイス」の声が聞こえ始める前、会社の駐車場に植えてある山茶花の生け垣から楽しげな声が聞こえていました。

メジロです。
山茶花の花の蜜を吸いに来ていたのでしょう。

Pc120004_rs

鳴き声もさることながら、織部もかくあらんと思わせる翠色の羽と、円らな黒い目の周りの白い輪がなんとも可愛らしい鳥です。
法を犯してまで飼いたいと思う気持ちが解らなくもありません。

他にも、寒空の下元気に飛び回る鳥たちが目に入ります。

やはり駐車場の山茶花の近くで、セキレイがチョンチョン跳ねで食べ物を探しています。

Pc110024_rs

ツグミは家庭菜園のキャベツの葉をついばんでいました。

Pc110017_rs

スズメは羽を膨らませて、何を話しているのでしょうか。

Pc130003_rs

街中では車の往来もお構いなくカラスが闊歩し、郊外ではトビが西風に煽られ、水辺ではカモが羽に嘴を突っ込んでじっとしています。

鳥たちは高い空の上から人間の営みをどう見ているのでしょうか。

「鳥啼きて 空澄み渡る 師走かな」

2014年12月11日 (木)

寒くても花は咲く

寒い日が続きます。
今年は、突然秋になり、そして突然冬になってしまったように感じます。

更新に間が空いてしまいました。
体調を崩していたわけではなく、これといったトピックがかったのです。
この間、せっせと写真を撮り溜めていました。

前回、千両を南天と間違えてしまいましたが、こんどこそ南天(=難転)です。
葉のつき方が特徴的ですね。
赤い実は、鳥についばまれて遠くまで運んでもらうための戦略なのでしょうか。

Pc100007_rs

初冬の内はまだ色々な花が咲いていますが、寒さが厳しくなってくるとぐっとその数は減ります。
冬の代表的な花、水仙が咲き始めました。

Pc070001_rs

夏の間はあまり目立たない多肉植物にも花が咲きました。

Pc100009_rs

Pc100010_rs

Pc100012_rs

Pc100013_rs

最後はシャボテンそのものでしたね(^-^;
でも、その繊細な棘がまるで渦を巻いているようでとても美しく感じました。

これはブーゲンビリアでしょうか…?
だとすれば、夏の花のはずなのですが。

Pc100011_rs

名前は分かりませんがまだ続きます。

Pc100003_rs

Pc070002_rs

Pc100008_rs

今回紹介したお花は皆、畑の隅かお庭に咲いていたお花です。
手入れをされている方の、殺風景な冬に少しでも目を楽しませたいという、優しいお気持ちが察せられます。

冬の花は山茶花ばかりではありません。

「寒風に 吹かれて花の 振り向くや」

2014年12月 4日 (木)

ここはどこ?

配達の帰り道、以前ブログで予告した、京都にあるかのようなお寺に行ってみました。

南天(=難転)の真っ赤な実が鮮やかに映えます。

【訂正】
コメントによりご指摘いただきました。
これは南天ではなく、千両です。

Pc030024_rs

ここからは雰囲気でがるのでモノクロの写真を紹介しましょう。

薄暗い小道を下ると、参道の入り口に出ます。

Pc030028_rs

今来た道を振り返ると、また違った風情があります。

Pc030016_rs

参道に入ると緩やかな階段を上ります。

Pc030026_rs

山門が近づいてきました。

Pc030018_rs

山門の手前には手水がありましたが、龍の口から水は流れていませんでした。

Pc030022_rs

ちょっと寂れた感じに見えますが、とても立派なお寺さんです。
夕方前、午後の遅い時間だったので、陽が傾いて薄暗くなった参道は、しっとりとした雰囲気でした。

ちょっと気を付けていれば、身近に素敵な場所があるものです。

「雲暗し 南天紅く 落ち葉踏む」

地元テレビの取材

先日、静岡第一テレビ様が取材に来ました。

取材対象は「和菓子のクリスマスケーキ」です。

201411183780or14

今回は出しゃばりの私の出番はなく、工場長がデコレーションの煉り切りを作っているところを撮影しました。

Pc020005_rs

工場長がインタビューを受けているところです。
顔が緊張して強張っているように見えます。

Pc020009_rs

放映は明日(平成26年12月5日)夕方、まるごとワイドという番組内だそうです。

お時間があったら是非、ご覧下さい。

「乙なもの お茶と和菓子で クリスマス」

はやぶさ2

冷たい雨の降る一日でした。

昨日、種子島から国産ロケットH2Aによって、小惑星探査機はやぶさ2が飛び立ちました。

110513d7s

目指すは直線距離で3億km離れた炭素型小惑星1999JU3。
帰還まで実に6年、52億kmの旅です。

開発担当者が言ったそうです、「もう、ドラマはいらない」。
東京オリンピックの年、無事帰還して驚くような成果を挙げることを期待します。

下世話なことを書きますと、はやぶさ2に148億円、H2Aロケットに100億円、打ち上げ後の運営に16億円、合計なんと264億円!

きっと、賛否両論あることでしょう。
264億円あれば、何人の命が救えるかとか、貧困問題に役立てるべきとか…
確かに正論です。
しかし、正論を超えたところに科学の意義があると思います。

などと、子供のようなロマンを語ってしまいました(^-^;

「漆黒に ただ一つ往く 銀の羽」

2014年12月 2日 (火)

第4回遠食の市

師走になりました。
週末から冷たい雨が続きます。

先週の土曜日、杢屋食品様で第4回遠食の市が開催されました。
と言っても、さすがに雨でしたので外にテントを張るわけにもいかず、いつもの駐車場ではなく、食堂の「めん処もくや」様の店内に特設売り場を置かせてもらいました。

Dsc_0011_rs

Dsc_0012_rs

コンパクトなスペースに色々な商品が並んでいて、見た目には面白いのですが、いかんせん雨と食堂の店内です。
お客様の絶対数が少なく、しかも来店の目的が違うので、売り上げは…でした(;´Д`)

それでも、続けて開催することが大切ですし、店内で開催するノウハウを得ることもできました。
金額では計れない価値もあります。

遠食の市に触発されてか、この日の晩ご飯は浜名湖海苔醤油をかけたシラス丼に浜名湖海苔納豆と、遠食関連食品ばかりでした。

Dsc_0013_rs

浜松ならではの美味しい食卓でした。

「浜名湖の 白子と海苔で 月見かな」

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »