無料ブログはココログ

御用菓子処 田町梅月

« 新聞掲載! | トップページ | 第8回やらまいかミュージックフェスティバル出店 1日目 »

2014年10月11日 (土)

おご馳走

大型の台風19号が近づいています。
沖縄県では避難勧告が出ました。
西日本、東日本にも13日の月曜日頃に接近しそうです。

毎週末の台風の合間を縫って、今日(11日)明日(12日)と、街中のイベント広場「ソラモ」で開催される「第8回やらまいかミュージックフェスティバル」に出店します。

イベント出店専属でできればよいのですが、おかげさまで朝の配達、納品が多く、一通りこれらをこなしてから出店準備にかかりました。

配達の途中、杜鵑草(=ほととぎす)を見つけました。

Pa110003_rs

実は名前がわからなかったのですが、お花好きの友人に教わりました。
この赤い花は名前を知らないそうです。

Pa110004_rs

さて、納品先の一つ、浜松市茶室松韻亭様に伺った時、玄関正面のお軸が目に入りました。
文字の形といい、間の取り方といいちょっと気になり、職員さんに何と書いてあるのか訊ねました。

Pa110002_rs

「風光日日新」(=ふうこう ひび あらたなり」とあり、京都の高名な僧侶が揮毫したそうです。

季節が移り変わり、景色は毎日新しいものである。といった意味になりますが、転じて、朝に目覚めた自分は昨日の自分とは異なり、新しい自分である、一日一日を一所懸命に生き抜かなければならない。と解釈できます。

人はつい怠惰に、昨日と同じ今日、今日と同じ明日を求めがちです。
否、貪欲に、昨日より良い今日、今日より良い明日、かもしれません。

禅の思想では「刹那」(=せつな)、つまり今この瞬間を一所懸命に生き抜くことを重要視します。
過去に囚われず、未来を憂えず。

私のような凡々人には到底無理な話です。
が、やはり胸に突き刺さる一言です。

朝からおご馳走をいただきました。

「凡たる身 煩に囚われ 品(=ぼん)希む」

« 新聞掲載! | トップページ | 第8回やらまいかミュージックフェスティバル出店 1日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1999371/57647600

この記事へのトラックバック一覧です: おご馳走:

« 新聞掲載! | トップページ | 第8回やらまいかミュージックフェスティバル出店 1日目 »