無料ブログはココログ

御用菓子処 田町梅月

« ご心配をおかけしました 2 | トップページ | 十三夜 »

2014年10月 4日 (土)

遠州バザール2014

真夏に比べればもちろん涼しいのですが、台風の影響なのか汗ばむような一日でした。

午前中はいつものように配達回りでした。
高林のお寺さんに納品に伺うと、山門の脇に急な階段を見つけました。
その名も「百段坂」。

Pa040005_rs

本当に百段あるかどうかは、時間的にも体力的にも未確認です(^-^;
ちょっと素敵な風景でした。

さて、午後から「遠州バザール2014」の行われている浜松市産業展示館へ行きました。
承知はしていましたが、駐車場はいっぱい。
少し離れた駐車場に車を停めて、シャトルバスで会場へ。
会場もまあ、来場者でごった返していました。

Pa040015_rs

遠州バザールには梅月での出店ではなく、遠食としての出店のお手伝いです。
遠食メンバーの一人、どりあん洋菓子店様の川上さんとツーショットです。

Pa040021_rs

遠州バザールは浜北にある鈴三材木店様が主催して、建材屋さんや建築屋さんが中心となり、遠州地方の衣・食・住を一堂に集めた大規模なイベントです。

遠食ブースには誰かしらいてくれていたので、少し会場内を見て歩きました。
すると、いるいる。
知り合いばかりでした。

御菓子司あおい様の豊田君。

Pa040008_rs

浜松饅頭の秋芳堂様の藤本君。

Pa040009_rs

うなぎの井口様の井口君。

Pa040012_rs

鈴木果樹園様の鈴木君。

Pa040014_rs

鳥居食品様の鈴木君。

Pa040017_rs

加藤醤油様の虎岩君。

Pa040018_rs

三ケ日の入河屋様の松崎君。

Pa040019_rs

まあ、浜松は広いようで狭いので、大規模なイベントでは知り合いばかりになってしまうのですが。
それにしても、活発に動いている人はやはり同じ顔ぶれです。

外では、宮城県女川町の皆さんがブースを開いていました。

Pa040016_rs

秋刀魚の炭焼きを無料で配っていたので、1本いただきました。
さすがに、もらいっぱなしというわけにはいかないので、募金箱にわずかながら入れさせてもらいました。

実は私は秋刀魚を箸で食べることができません。
頭と尻尾を持ってかぶりつくのです。
ですから、食べ終わった後は、頭と背骨と尾びれしか残っていません。
女川の秋刀魚は、ワタも苦くなく、本当に美味しい秋刀魚でした。

明日の天候が危ぶまれます。

「遠州の 衣食住みな 集いたり」

「女川の 焼いた秋刀魚に 手を合わす」

« ご心配をおかけしました 2 | トップページ | 十三夜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1999371/57577427

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州バザール2014:

« ご心配をおかけしました 2 | トップページ | 十三夜 »