無料ブログはココログ

御用菓子処 田町梅月

« 夜の和菓子講座 | トップページ | ちょっと変わった秋の彩 »

2014年9月14日 (日)

秋の彩

ちょっとブログの更新をしないとお花の写真が溜まってしまいます(^_^;)

実は、春夏はお花がたくさん咲く季節なので問題はありませんでしたが、秋から冬はどうしたものかと思っていました。
ところが心配は杞憂でした。
秋には秋の彩があります。

先ずは色づき始めたもみじです。
秋が深まるにつれて徐々に赤く染まってゆくことでしょう。

P9100006_r

先日紹介した「トウゴマ」が赤さを増したので写真を撮っていると、お花が咲いていることに気がつきました。

P9120002_r

中秋を代表するお花は何といっても「彼岸花」ですね。
田んぼや畑の畦道や歩道の隅に見かけます。
チロチロと燃える細く赤い炎のようにも見えます。
「曼珠沙華」とも言いますね。

それにしても、こうしてお彼岸の頃になると咲き始めるのは本当に不思議です。

P9130003_r

白い彼岸花も見つけました。
よく見ると、真ん中の背の高いものは黄色っぽい色をしています。

P9130029_r_2

畦道といえば、「花韮」もよく見かけますね。
韮というと野菜の韮を連想しますが、とっても小さく清楚な感じのするお花です。

P9130024_r

「キバナコスモス」はその名の通り濃い黄色をしているのでよく目立ちます。

P9130018_r

ここからは名前の分からないお花です。
大瀬町の辺りの民家の庭先に咲いていました。

P9130010_r

P9130013_r

P9130016_r

秋のお花は春や夏のそれとは違い、どことなく寂しげで憂いを含んだように感じます。
そこがまた、涼しい風が吹き始めたこの季節には合うのかもしれません。

「何想う 炎のごとき 彼岸花」

« 夜の和菓子講座 | トップページ | ちょっと変わった秋の彩 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1999371/57365419

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の彩:

« 夜の和菓子講座 | トップページ | ちょっと変わった秋の彩 »