無料ブログはココログ

御用菓子処 田町梅月

« 酷暑 | トップページ | 立秋 »

2014年8月 6日 (水)

汗だくの出張

昨日、商談で東京へ行ってきました。
もちろん日帰りです。

朝ゆっくり支度をして、時間にゆとりを持って行動できれば良いのですが、そうはいきません(>_<)
朝から遠方を含む6箇所のお取引先様に納品をし、何とかお昼前に帰社して伝票の整理、汗だくのシャツをドタバタで着替えて、お昼過ぎの新幹線にギリギリ飛び乗りました。

行き先は阿佐ヶ谷です。

上着を羽織り、鞄と写真機、そしてサンプルの商品を両手に持って、3時半頃、汗だくで阿佐ヶ谷の駅前に降り立ちました。

P8040021_r

阿佐ヶ谷は20数年ぶりです。
アーケード商店街では、週末から始まる七夕まつりの準備をしていました。
地方都市では考えられない程賑やかなアーケード商店街です。

P8040029_r

阿佐ヶ谷は、新宿からさほど離れていないのに、武蔵野の面影と下町情緒の漂う素敵な街です。
七夕飾りの作業をする、恐らく商店主か商店会青年部の方でしょうが、皆さん明るい笑顔で作業をされていたのが印象的でした。
もちろん、様々な問題もあるでしょうが、汗をかき、明るい笑顔で商店街を盛り立てようとする姿には好感を覚えます。
こういった姿勢がお客様に伝わるのでしょう。

商談は良い方向にまとまりそうです。

先様のバイヤーは、私の前にもどこかの和菓子メーカーと商談をしていたようなので、不安な気持ちで商談ブースに入りましたが、試食をしていただいたバイヤーの表情を見て、不安な気持ちは吹き飛びました。
今月発売予定の新商品の食感と後味の良さや、どら焼きのしっとりとした皮の良さ、特に、どら大福は、「ここ数ヶ月で最大の衝撃です」という嬉しい褒め言葉をいただきました(*^_^*)

商談を終えて、喫茶店で一息ついていると、駅の情報モニターが目に入りました。
そこで目にした情報は、悲しいけれど現代の東京を象徴するような内容でした。

「**線 人身事故により遅延」

高揚した気持ちに水をかけられたように感じました。

朝の納品から、休む間もなく日帰りの東京出張。
行き帰りの新幹線では寝ていたとはいえ、それはそれで疲れるものです。
帰浜したのは夜の11時過ぎでした。

「走れども ゴールは夏の 蜃気楼」

« 酷暑 | トップページ | 立秋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1999371/57002246

この記事へのトラックバック一覧です: 汗だくの出張:

« 酷暑 | トップページ | 立秋 »