無料ブログはココログ

御用菓子処 田町梅月

« シャボテンの花 | トップページ | 汗だくの出張 »

2014年8月 6日 (水)

酷暑

39.5℃!
今夏最高気温、群馬県館林市の今日の気温です。
これはもう、インフルエンザで熱を出してフーフー言っている温度ですよね(´д`)

一方、四国や北海道では記録的な大雨で被害も出ています。
それにしても、「観測史上最高」とか「記録的」という文言をよく見聞きするようになりました。
どうなってしまうのか、空恐ろしくも感じます。

浜松でもうだるような暑さでした。
朝から配達で走り回っていますが、汗で濡れた背中が乾く間がありません(>_<)
お茶をガブガブ飲んでいますが、何時間もトイレに行かずじまいです。

午後、細江まで配達に行きました。
真っ白な入道雲が黙々と湧き上がり、空の青さとのコントラストが綺麗でした。

P8050008_r

早稲(=わせ)でしょうか、広い田んぼの稲には青々とした穂が見られます。

P8050007_r

炎天下、作業をする方はほとんどいらっしゃいませんでした。
ただ風が、広い田んぼをゆっくりと揺らしていました。

田んぼといえば、先日、かなり不気味な案山子を見ました。
これはもう、案山子というより、さらし首です…(^_^;)

P7300020_r

雀に対して効果があるかどうかは分かりませんが、少なくとも人は、特に夕方以降は近寄りがたい雰囲気でした。
暗い夜道で、車のヘッドライトに照らされて、この案山子と目があったらと思うと…

しかし、本当にこれで雀が近寄らないのかなぁ…

夜道といえば、前回紹介したシャボテンの花を見に行ってきました。
なるほど、ガソリンスタンドのご主人が仰る通り、見事な大輪がいくつも咲いていました。

P8030085_r

P8030072_r_2

花の大きさは20cmほど、ちょうど私の手を広げたくらいあります。
鋭い刺の生えた緑色の巨大チュロスのような幹から、直接、白く大きな花が咲くのです。
昼間の暑さを避けて夜に咲くのでしょうが、日本の植物とは明らかに違います。
これはこれで意外性と驚きに満ちていて、見ていて楽しいものです。

P8030077_r

P8030079_r_2

時折来る車は、気にもとめない様子で通り過ぎてゆきます。
勿体無い!
朝には閉じてしまう、滅多に見られないお花がここに咲いているのに。

何に楽しさを感じるかは人それぞれですが、私は自分の「ものさし」を気に入っています(*^_^*)
もっとも、家族や友人からは変わっていると言われますが…

昼間の酷暑の照り返しが残る夜です。
脳も夏バテ気味なのでしょう、とりとめもないブログになってしまいました。

「ジリジリと 青田炙られ さらし首」

「暗闇に 見る者もなく 咲き誇る」

« シャボテンの花 | トップページ | 汗だくの出張 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1999371/57002033

この記事へのトラックバック一覧です: 酷暑:

« シャボテンの花 | トップページ | 汗だくの出張 »