無料ブログはココログ

御用菓子処 田町梅月

« 蝉の声 | トップページ | 静岡で展示会 »

2014年7月 3日 (木)

1/35000

今日は半夏生(=はんげしょう)。

烏柄杓(=カラスビシャク)という植物が生える頃とされ、この頃までに農作業を終えるといわれています。
また、作物が良く根付くように蛸(=タコ 足の形が根に似ている)を食べたり、滋養をつけるために鯖(=サバ)を食べたりする慣習があります。

実は私も蛸を食べました(^-^)
夏越の祓えに茅の輪くぐりをして水無月を食べたり、半夏生に蛸を食べたり、できるだけ古い慣習には習いたいと思います。

それにしても、昔の人は何だかんだ理由をつけて、美味しいものを食べていたのですね(^_^;)

さて、タイトルの1/35000とはいかに?

35000は全国にある踏切の数です。
開かずの踏切、遮断機のない踏切、大小様々な踏切がありますが、全国にただ一つ。
新幹線の通過待ちをする踏切が浜松にはあります。

P7020002_r

新幹線が踏切を通過しているなんて!
ほとんどの方がこの写真に違和感を覚えると思います。

実はこの踏切は、新幹線の整備工場間をつなぐ引込線にあり、たまにこうして整備中の新幹線が牽引車両に引かれて通過します。

それにしても面白い写真でしょう?
浜松に来て25年、この踏切で新幹線の通過待ちをしたのは2回目です。

JR東海の浜松工場では、毎年夏休みの頃工場見学会を開催して、全国から訪れる鉄道愛好家や親子連れで大変賑わいます。

浜松らしい新幹線ネタといえば、以前、陸送中の700系を見ましたし、工場内はもちろん、夜間走行中のドクターイエローは何度か見ています。

新幹線好きの方にはたまらないですよね(*^_^*)

「ゆるゆると 新幹線の 過ぐる待つ」

« 蝉の声 | トップページ | 静岡で展示会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1999371/56676862

この記事へのトラックバック一覧です: 1/35000:

« 蝉の声 | トップページ | 静岡で展示会 »