無料ブログはココログ

御用菓子処 田町梅月

« 蝉時雨 | トップページ | 夏の花々 2 »

2014年7月27日 (日)

夏の花々 1

午前中の配達の途中、次のお客様が時間指定のお客様で少し時間が空いたので、南区大塚町にある浜松市緑化推進センター「みどりーな」を少し散策しました。

この「みどりーな」は一見普通の公園のようですが、耐潮植物や水辺の植物、幹の綺麗な植物など、きちんと分類されて管理、植栽されいる、いわば植物園のような公園です。

散策途中、草刈りをされている職員さんにお声掛けをしたら、どうやら指導員をされている方で、親切に説明していただきました。

沢山写真を撮ったので、そのいくつかを紹介しましょう。

先ずは水辺の植物、「蒲」の穂です。
生花にも使われ、涼しげな景色が魅力ですね。

P7250019_r

次も水辺の植物で、「こうほね」と「あさざ」です。
黄色い睡蓮のような可愛いお花です。
どちらも似ていますが、よく見ると葉っぱの形が違いますね。

P7260052_r

P7260061_r_2

「睡蓮」のような「ひつじぐさ」です。
指導員の方によれば、睡蓮の原種だそうです。
確かに「睡蓮」よりも小さく、薄桃色をしていません。
この「ひつじぐさ」が大陸に渡って、品種改良されて「睡蓮」となり、再び日本にもたらされたそうです。

P7260057_r

鮮やかな青色をした「ホンテテリア」です。
これも水辺に咲いていました。
テリアなんて何か犬の名前みたいですね。

P7260055_r

次は藪の中の植物です。

何度かこのブログでも紹介した季節の呼称にもなっている「半夏生」と「水無月」です。
「半夏生」の葉は半分白く、まさに半化粧といった景色です。
「水無月」という名前の植物もあったのですね。
どちらもその花は初めて見ました。

P7260054_r

P7260067_r

「みどりーな」の散策はまだ続きます。

「誰彼に 知られなくとも 花は咲く」

« 蝉時雨 | トップページ | 夏の花々 2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1999371/56907611

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の花々 1:

« 蝉時雨 | トップページ | 夏の花々 2 »