無料ブログはココログ

御用菓子処 田町梅月

« 夏の花々 1 | トップページ | 小さなお花畑 »

2014年7月27日 (日)

夏の花々 2

浜松市緑化推進センター「みどりーな」の散策は続きます。

先ずは花壇のお花です。
花壇のお花には名板がなかったので名前は分かりませんでした。

「彼岸花」の仲間でしょうか。

P7260064_r

これは「撫子」の仲間でしょうか。

P7260072_r

続いて「芙蓉」の仲間でしょうか。
南国風の華やかなお花です。

P7260075_r

次は木になるお花。

庭木でもよく見かける「猿滑=百日紅(=さるすべり)」です。
花はまだ咲いていませんでしたが、白い花の咲く「島猿滑(=しまさるすべり)」の木もありました。

P7260070_r

これはきっと見た事がないでしょう。
私も初めて見ましたし、名前を聞かなければその名も知りませんでした。
大変珍しい観賞用の「八重柘榴(=やえざくろ)」の花だそうです。

P7260068_r

こちらはお馴染みの「柘榴(=ざくろ)」の実です。
もっとも、「柘榴」もとんと見かけなくなりました。
昔は庭木としても植わっていたんですけどね。

P7260066_r

実ついでに、「花梨(=かりん)」の実です。
そういえば「無花果(=いちじく)」の実も青く生り始めましたね。

P7260065_r

青い実といえば「栗」の実も青々しく生っていました。

P7260080_r

他にも「木通(=あけび)」も植わっていたのですが、残念ながら花も実も生ってはいませんでした。

子供達がまだ小学生だった頃ですから、かれこれ10年くらい前に一度この「みどりーな」に行ったことがあります。
その時は私も今より若く、子供達と虫取りに行ったのでお花どころではありませんでした。
少し歳を重ねて、お花を愛でる心の余裕ができてきたのでしょうか。

否、お花を云々する「気障なオヤジ」になるとう野望が芽生えてきたと言うべきでしょう(^_^;)

「願わくば 花も実もある 五十路かな」

« 夏の花々 1 | トップページ | 小さなお花畑 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1999371/56907753

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の花々 2:

« 夏の花々 1 | トップページ | 小さなお花畑 »