無料ブログはココログ

御用菓子処 田町梅月

« 擬宝珠 | トップページ | 浜名湖ガーデンパーク散策 »

2014年6月 1日 (日)

浜松城公園散策

ご存知だったでしょうか、今朝の濃い霧には驚きました。
じきに晴れましたが、暑い一日になる兆しです。

土日はおかげさまでご法事のご注文が多く、今日も霧の中、朝から午後まで配達で走り回っていました。
夕方にはお取引いただいている、JAとぴあ浜松様引佐支店での初盆展示会の片付けがありました。
それまでの合間の1時間くらい、久しぶりに浜松城公園を散策しました。

というのも、実は先日写真機(デジカメ)を新調しまして、その試し撮りがしたかったのです。
直前まで使っていた機種とはメーカーも価格も違うのですが(決して高価な写真機ではありません)、ネットで吟味に吟味を重ねて購入しました。

試し撮りではありますが、その写真をいくつかアップします。

先ずは若き徳川家康公の像です。
鮮やかな新緑の中、力強く凛としており、まるで浜松を見守っているかのようです。

P6010006_r

今年春に公開された天守門とお馴染みの天守閣です。
ちょっと古い、天然色写真のような風合いにしてみました。

P6010011_r_2

P6010019_r_2

天守廓を降りて、公園内の日本庭園にある小さな滝と池の景色です。
清涼感が感じられますか?

P6010025_r

P6010026_r

小さな花々の横を通り過ぎ、広場の北側にある小さな小川です。
まるで鬱蒼とした山間の景色のようですね。

P6010052_r

P6010034_r

P6010033_r_2

P6010032_r

P6010038_r

水の辺では、鴨の親子を見つけました。
無邪気に餌をついばむ三羽の小鴨を、注意深く、そして優しく見守る親鴨の姿が印象的でした。

P6010051_r

広場に出ると初夏の陽が燦々と降り注いでいます。
木陰では親子が、敷物を敷いて寛いでいました。

P6010054_r

ところで、「軽便」ってご存知ですか?
鉄道よりも小さな蒸気機関や電車で、もちろん乗用ですが、物資の輸送にも使われた、地域の足のような鉄道です。
浜松にもかつていくつかの軽便があり、その名残が残っている地域があります。

ここは、浜松城の北西。
切り立った崖に小さなトンネルがあることは知っていましたが、足を運んだことはありませんでした。

軽便(遠州鉄道)奥山線、元城-広沢間にある亀山トンネルです。

P6010059_r

P6010066_r

もちろん修復はされているのでしょうが、煉瓦作りのトンネルは欧州の町並みを思わせます。

それなりの速度で自動車を運転していると、なかなか気づきにくいものです。
時には自動車を降りて、自分の住んでいる街をゆっくりと歩くことをお薦めします。

「声を追う 隧道の先 光降る」

« 擬宝珠 | トップページ | 浜名湖ガーデンパーク散策 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

兄さん!よか写真撮れたね〜 以前、先輩に「道端に咲いている 何気ない花を見て、綺麗だなぁ〜 って感動しなくなったら人間辞めた方がいいよ」って言われたけど 兄さんの花の写真見て綺麗だなぁ〜って感じれて良かった(^^)

ふ~みんさん、コメントありがとう(^-^)

人間やめるかどうかは別にして、何気ない道端の花ばかり気になるのもいかがなものかと思いますよ(^^;

「人間到処有青山」というではありませんか。
何かに追われる毎日でも、何気ないことに楽しみは見出されるものですよ。

私の座右の銘、「四時常楽=しじじょうらく」を贈ります。
辛い時も、苦しい時も、平穏な時も、どんな時でも常に楽しむ心を忘れずに。

ところで、今年もE百貨店の案内は来ましたか?
先日A氏に必ず案内を送るよう言っておきました。
色々と事情もあろうかと思いますが、是非、ご来浜ください。
そして、熱き(暑苦しい…?!)包容の後、盃を酌み交わしましょう(^O^)

暑い夏が始まりました。
どうかご自愛ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1999371/56379248

この記事へのトラックバック一覧です: 浜松城公園散策:

« 擬宝珠 | トップページ | 浜名湖ガーデンパーク散策 »