無料ブログはココログ

御用菓子処 田町梅月

« 静岡出張 #3 | トップページ | カーラジオ »

2014年6月 7日 (土)

篠原協働センター子供和菓子講座

午前中は雨まじりだったものの、昼頃から雨は上がり、夕方には青空になりました。

まだ明るい夕方、ふと空を見上げると東の空に大きな虹が掛かっていました。

P6070017_r

空気中の水滴と、太陽の光線による光の屈折現象といってしまえばそれまでですが、虹には人に希望を抱かせる不思議な力があるようです。
滅多に見られるものではないので、そう思わせるのかもしれません。
しかし、この七色に輝く架け橋が、希望に満ちた素晴らしい未来に続いているように感じるのは、私だけではないはずです。

Over The Rainbow

虹の向こうには、夢と希望があるのかもしれません。
(あったら、いいな…)

さて、今日は地元の篠原協働センターで、小学生を対象にした子供和菓子講座がありました。

P6070004_r

低学年から高学年まで20人の子供さんが応募してくれました。

先ずはいつものように、和菓子のお話から。

P6070006_r

できるだけ分かりやすく、短時間で、飽きさせないようにと気をつけてはいるのですが、なかなか…
つい、お喋りが過ぎてしまいます。

冒頭、長くて我慢ができなくなったら手を挙げてね、と話したら、終盤になって一人のお子さんが手を挙げてくれました。
いやぁ、反省反省…(^^;

でも、伝えたいことがたくさんあるんです(´д`)

長いお話の後の、お待ちかねの和菓子作り体験の時間です。
今日は煉り切り製の「あさがお」を体験してもらいました。

20140606_2_r

20140606_r

この朝顔は、練り切りを巾着で絞って仕上げるのですが、絞り方を変えると、つぼみとお花が表現できます。

子供さん達は皆、真剣に取り組んでいました。
もっとも、粘土遊びの要領で形を整えるので、子供さんの方が大人よりも上手だったりします。

P6070010_r

P6070011_r

一人ひとり、それぞれの朝顔の花が咲きました。

最後に全員で記念撮影です。

P6070013_r

これをきっかけに、一人でも多くの子供さんが、和菓子や日本の風習といったものに関心をもってくれることを願うばかりです。

「子らの目に 何見ゆるかな 虹の先」

« 静岡出張 #3 | トップページ | カーラジオ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1999371/56434036

この記事へのトラックバック一覧です: 篠原協働センター子供和菓子講座:

« 静岡出張 #3 | トップページ | カーラジオ »