無料ブログはココログ

御用菓子処 田町梅月

« 4連休3日目 | トップページ | 事もなく »

2014年5月 6日 (火)

連休最終日

宴の後。

何か物憂げな響きがありますね。
でも、嫌いじゃありません。
気怠い余韻とでも言いましょうか、まだ覚めぬ夢を見ているような感覚が好きです。

昨日の大雨が嘘のような好天になりました。
朝、納品の前に浜松まつり会館前風紋広場の片付けと掃除に行ってきました。
作業は30分程で済み、少し時間があったので、いつの間にかできていた「命山」に登ってみました。

Dscn7502

なんという気持ちの良い風!
頂上に上ると、アクトタワーと浜松の街並みが見渡せます。

Dscn7503

納品で海沿いを走ると、いくつか「命山」や「避難タワー」を見かけるようになりました。
地震や竜巻などの自然災害を避けることはできませんが、日本は安全意識、防災意識の高い平和な国だとつくづく感じます。

今日の配達の中には、大変ご贔屓いただいているお茶の先生からのご注文があり、浜松市茶室松韻亭様に伺いました。

折角なので、昨日までの疲れを癒すべくお茶をいただきました。
お当番の先生が茶花とお軸のご説明をしてくださいました。

茶花は、浜茄子と花筏(=はないかだ)。

Dscn7504

おや?っと思われたことでしょう。
花筏とは、散った桜の花びらが水面に浮いている風情を指す言葉です。
私もそう承知していました。
しかし、先日知人から花筏という葉の上に花が咲く植物があることを聞き、いつか目にしたいと思っていたのです。
ほら、葉の上に実がなっているでしょう。
これは雌花だそうです。

Dscn7505

Dscn7506

雌雄別々の木がそばに植えられていて初めて実がなるそうです。
身動きしない植物の不思議です。

一方、浜茄子といえば、故森繁久彌の「知床旅情」でしょうか。

♪知床の岬に 浜茄子の咲く頃 思い出しておくれ 俺たちのことを 飲んで騒いで 丘に登れば 遥か国後に 白夜は明ける♪

さて、お軸にはこうありました。

「雨後青山青=うご せいざん あおし」。

当に雨上がりの清々しい今日のことです。
遥か遠くの青い山並みをお思い浮かべ、爽やかな風と、お茶の清らかな風味を楽しみました。

「お茶碗の 先に覚えし 蒼き峯」

« 4連休3日目 | トップページ | 事もなく »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1999371/56091927

この記事へのトラックバック一覧です: 連休最終日:

« 4連休3日目 | トップページ | 事もなく »