無料ブログはココログ

御用菓子処 田町梅月

« 遠食2月例会 | トップページ | 上巳の節句 »

2014年3月 3日 (月)

雲雀啼く

昨日、今年初めて雲雀の鳴き声を聞きました。

「和菓子屋をやっているから季節の変化に関心があります」、なんてもっともらしい言い訳をしたりします。
茶道の先生との雑談を除いて、和菓子を扱う仕事にはまったく役には立ちませんが、時々に咲くお花、鳥や虫の声、気象の変化が、ただ好きなんです。

先日、引佐、細江方面に配達に行きました。
綺麗に手入れされているお庭のあるお寺さんに配達に行くのが楽しみの一つですが、この引佐、細江方面の配達もまた楽しみなのです。

何気ない路傍の空き地、民家の庭先、寺社の境内、それこそ至るところにお花が咲いています。

引佐、細江は当に「花の都」です。

もちろん、時間通りに商品は収めます。
時にはちょっと無理もしたりします。
安全運転を心がけて、あちこち注意していると、自然とお花が目に入ってくるんですよね(^_^;)

そんなわけで、引佐、細江で目に付いたお花を紹介します。
一つひとつ名前を知っていれば良いのですが、名も知らぬお花が多いこと。
段々に覚えていこうと思います。

これはお寺さんの境内で撮りました。名前は分かりません。

Dscn6821

次は井伊谷宮さんで撮りました。したれ梅と河津桜です。

Dscn6824

Dscn6825

「こんなのも知らないの」と謗られそうです。

Dscn6826

椿のようなのですが、花びらがまるでバラかケイトウのようになっていました。

Dscn6827

鈴なりの可愛いお花。本殿の傍にみっしりと咲いていました。

Dscn6832

道端の空き地に咲いていた、鮮やかなレモンイエローのお花です。
このお花の黄色は、本当に目を引きました。

Dscn6834

Dscn6836

こんなことしているから、社員さんから「社長は一度出るとアテにならない」と言われてしまうんでけど…
外回りの特権ということでお許し下さい(๑≧౪≦)

「浮世事 追わる我が身も 知らず咲く」







« 遠食2月例会 | トップページ | 上巳の節句 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1999371/55209336

この記事へのトラックバック一覧です: 雲雀啼く:

« 遠食2月例会 | トップページ | 上巳の節句 »