無料ブログはココログ

御用菓子処 田町梅月

« 梅暦 | トップページ | 二つの会合の意味 »

2014年1月21日 (火)

朋あり遠方より来たる

先日、石和温泉に行ってきました。
久しぶりの個人旅行です。
韓国から友人が来日し、温泉に入りたいと連絡があったので、石和温泉を予約したのです。

もう30年も前、彼は留学生として日本に来ていて、大学で知り合いました。
彼とは何となく馬が合い、いつも一緒に遊んでいました。
そんな彼も今では海外との取引きも盛んな電子部品商社の社長です。

頭はすっかり白くなっていましたが、会えば当時の二人です。
家族のこと、仕事のこと、思いで話。
たくさん話しました。

今回は家族旅行も兼ねて、奥様と義理の弟さん夫婦と4人で来たので、
翌日は朝霧高原まで足を伸ばしました。

Dscn6541

雲がかかっていて富士山ははっきりと見えませんでしたが、皆大変喜んでいました。

まだ結婚する前、お互いのパートナーと一緒に、4人で箱根へ行ったことを思い出しました。

Dscn6542

良い笑顔でしょう!
韓国と日本という離れた所で生まれ育ち、お互い歳もとりましたが、不思議な縁でつながった心友です。

折角朝霧まで来たのですから、白糸の滝にも寄りました。

Dscn6546

彼らとは新富士の駅前で別れました。
再会を誓い、お互いの健康を祈りながら固く抱擁しました。

彼の暖かさがまだ手に残っています。

「時を越え 輝く富士に 友笑う」




« 梅暦 | トップページ | 二つの会合の意味 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1999371/54685387

この記事へのトラックバック一覧です: 朋あり遠方より来たる:

« 梅暦 | トップページ | 二つの会合の意味 »